studio HARPOONVOLT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

V4/A4いじり・四

前回の瑠香展について発案者であるT2さんとメールのやり取りをしていた時、T2さんの追伸の一文に。

P.S. 「えっと、V4版の配布はなくなったのでしょうか?」

ぐはぁ、お、オボエテイラッシャイマシタカ・・・・

ワタシとしてはA4入手後~瑠香完成の間、頭の中からV4の事なぞすっかり忘却の彼方でした・・・ううむ、やはりA4よりV4の方が需要があるのかいな~? ワタシの場合、V系はどーも好きになれず、A3以降はすっかりアイコ派だったりしますのでV4の事はハッキリ言って関心が薄い(笑) というのも前回はV4.1で弄っていたものの今ではベースがV4.2にバージョンアップされているのでMTの一部に互換が無くなった事で結局新たに作り直しを余儀なくされたのが最大の敗因。とりあえずV4.1の時のフェイスデータをV4.2に適用すると「おいおい、このデータV4.2じゃ使えねえんじゃね?」みたいなエラー吐かれるし・・・仕方ないので、とりあえずゼロから作る事に、トホホ・・・この時点では既に瑠香を完成させた事でV4.2のMTには慣れていたので、ともかく見られる状態までチマチマ進めてゆきましょう。

んで、こんなもんか~?とテクスチャ当ててみたら、ドガーン・・・る、瑠香とあんまし変わんないじゃん! 結局好きに弄ると自分の好みがモロに出てしまうようで(泣) よほど自分の中で瑠香のインパクトが強かったのか、素直に弄ると結局似てしまいました・・・瑠香が和風だったので今回はちょいと洋風の対応もしたくて瞳を青系にしてみたらそんなに悪くなさげだったので、強引に青い瞳推奨キャラでイク事にしました。とは言うもののこりゃどー考えても配布できんわなぁ~とやっぱりお蔵入りにしかけた時、ふと瑠香展の参加賞にしてしまう事を思い付きました♪ ま、参加者の皆様のような剛の者なら(ナマ)暖かい目で見守ってくださるだろうと勝手に想像してなんとか完成に至りまして。データにはプロモ画像を三枚同梱させて頂きましたが、今思えば無理矢理クール系にし過ぎたかも・・・やや反省ぎみ。

ルディ1-3

んで、禁断の瑠香専用A4のブラウン系テクスチャ当てると、予想通りというか想定の範囲内というかご覧の通りほとんど瑠香と変わりませんです、ハイ(大泣)
しかしながら全体のボディバランスは悔しいけどA4よりV4の方がキレイに見えますね、なぜだろ?

ルディ4-5

名前は瑠香に似せた洋名にしようと「る」の文字を使い当初「Runa -ルナ-」「Runo -ルノ-」とか「Rukki -ルッキ-」とか考えていましたが、今ひとつハマらないので更にヒネって「瑠日(ルディ)-Ruddie-」と命名(ちょー当て字ですが)。まあ、瑠香バリエーションの一つと思って笑って楽しんで頂ければワタシの小さな心も大いに安らぎます♪ ちなみに「瑠日(ルディ)-Ruddie-」は瑠香展投稿者のみ限定配布で、今のところ瑠香のようなメールでの問い合わせには対応しない予定です。

瑠香、瑠日を作った事でA4、V4に愛着も湧いてきましたが、今後はもっとA4関連のアイテムが充実して瑠香の使い勝手が更に良くなるよう願っています♪

追伸 : 瑠香、瑠日、Saya1.10 AddOnのFix版の配布を開始しました⇒直接問い合わせ頂いた方と瑠香展投稿者の方に4/5(土)22:20頃にメールを一斉送信致しました。エラーで戻ってきたメールはありませんでしたが、もし届いていないようでしたらお手数ですがご連絡をお願い致します。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/27(木) 02:02:23|
  2. POSER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

V4/A4いじり・番外編[瑠香展]

瑠香をリリース開始した翌日、お友達のT2さんからメールを頂きました。

T2   「いきなりですが、瑠香下さい(笑)」
VOLT 「ご希望頂きありがとーございます」
T2   「それとForum3Dの毎月のトップページ画像募集を少し目先を変えて瑠香展として行いたのですが・・・」
VOLT 「えっ! 瑠香でいいんですか?」
T2   「瑠香が良いんです(笑)」

わかりやすく書くと上記のようなメールの後、あれよあれよという間にForum3Dで瑠香展が開催される事になりました(汗)
思いも寄らない展開に喜んだのも束の間、すぐに懸案事項が頭をよぎり素直に喜べない自分を発見。その懸案事項とは・・・

1・メールで要連絡の瑠香に展覧会が出来るほど人気があるのか激しく疑問
2・瑠香は表情を付ける事を前提とした顔立ちなので少々扱いづらい面が不安
3・参加者の方が集まらず不成立だとPOSER界の伝説になるだろうほど恥ずかしい罠

以上の懸案事項がどうなる事か心配している間にも募集要項が発表され、事態は進行してゆきます。もうどうする事も出来ずドキドキしながら進捗状況を見守っていると少しづつ参加表明される方が増えてきて、展覧会自体の不成立は回避できそうでほっと一安心。投稿期間が 3/11 - 3/25 の二週間で、今日が3/18なのでちょうど一週間が経過した中間地点ですが、この時点で参加表明者28名、画像16点もの力作が投稿されております。締め切りまであと一週間ありますので後半戦も楽しみにしながら拝見したいと思っています。ワタシは実際に参加できませんので三枚目のプロモ画像をひっそり貼って応援させて頂きます。

瑠香3

多くのPOSERファンが瑠香展をご覧頂き、少しでも何かを感じて頂ければ幸いです。

「瑠香展」 応募スレッド
「瑠香展」 展示会場

長いようで短かった瑠香展の二週間も無事終了したようで、関係者の皆様お疲れ様でした。
しかし終わってみれば参加者39名、計45点の力作が投稿され、よくぞこんなに集まったなぁ~と思わず唸ってしまいました。扱いづらいウチのキャラに臆することなく参加されるとわ、皆様チャレンジ精神旺盛ですなあ、ホント脱毛(帽)しました。展覧会としては単独キャラをテーマとした初の試みである事を考えれば大盛況だったと思います。

しかしこれら力作を拝見して思うのは、色々な使い方があるもんだなあと改めて感心せずにはいられません。十人十色とはまさに言葉通りで、同じソフトウェア、同じキャラクタを使っていてもこれだけバラエティに富んだ作品が見られるなんて・・・まさにPOSERというソフトの奥底にある可能性を垣間見た気がします。特にスライドショーで一気に閲覧すれば迫力満点です。そのような力作を拝見すればする程、皆様のセンスに瑠香自体が完全に応えきれていないような気がして作者本人としては嬉しいけれど胃が痛いデス(苦笑) 瑠香展を通して瑠香の新たな魅力を発見すると同時に欠点も見えた事は決してドキュメントウィンドウ内ではわからない貴重な体験をさせて頂きました。参加者の皆様の率直な感想もヒジョーに気になる部分ですねぇ・・・瑠香展専用の感想のみのスレッドのようなものがあると良いなあと思います。

んで、トップページ用の画像の選考もさせて頂きましたが、単純にワタシ自身の好みだけで何点か選ばせて頂きました。お断りしておきますが決して作品自体に優劣を付けた訳ではありませんので、そこんとこヨロシクです。

発案者でありサイト管理のT2さんを始めとする管理部の皆様、短期間にも関わらずご参加下さいました参加者の皆様ありがとうございました。ワタシの拙いデータで多くの方の貴重な時間を費やして頂いた事は恐縮すると同時に本当に感謝しています。今後も瑠香(+おまけ)が皆様に愛される事を願いつつ、色々な場所で見かける事が出来たらどんなに幸せな事でしょう・・・

追伸 : 後日瑠香のFix版の配布をしたいと思ってます(そう、あの部分の修正です) その際はメールにてご連絡しますので瑠香をお持ちの方は今暫くお待ち下さい。
⇒直接問い合わせ頂いた方と瑠香展投稿者の方に3/28(金)20:40頃にメールを一斉送信致しました。エラーで戻ってきたメールはありませんでしたが、もし届いていないようでしたらお手数ですがご連絡をお願い致します。
  1. 2008/03/18(火) 21:12:33|
  2. POSER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

V4/A4いじり・参

つい先日、お友達のkurohaneさんがタイムリーにも「瑠香」をベースにアドオンのフェイスキャラクタを2タイプもリリースして下さいました。
「瑠香」の特徴である柔らかい感じが抑えられていて、顔立ちのハッキリした凛々しいイメージとなっており、kurohaneさんのセンスの良さが光る美人に仕上がっています。このアドオンのフェイスキャラクタはkurohaneさんのサイト「Poser Studio」の「Free Stuff」のコーナーから入手可能ですので「瑠香」のバリエーションを楽しみたい方は是非入手すべきでしょう。リリース状態で名前が付けられていません。識別するのに「アドオン1」「アドオン2」ではちょいと寂しかったので、実はこちらで勝手に名前を付けて区別をしていました♪ アドオン1が「瑠宇(るう)-Ruu-」、アドオン2が「瑠衣(るい)-Rui-」です。「瑠香」の姉妹という設定で名前も似せてあります(笑)

瑠香アドオン姉妹

kurohaneさんご自身はV4弄りをメインにされているのですが、A4発売直後から「Saya」の名でフェイスキャラクタを早々とリリースされていました。
サイトデザインやギャラリー、フリースタッフ等拝見するとかなりの実力者なのが伺えます。kurohaneさんの製作されるギャラリーイメージやフェイスキャラクタの傾向はご覧頂くとわかる通り顔立ちのハッキリしたクールビューティ系ですので、初心者の方でもすぐに使いこなす事が可能です。「Saya」には2タイプ用意されていますので、ユーザーのお好みで使い分けてみると良いでしょう。またメインキャラであるV4のリリースを期待されている方も多いと思います。

kurohaneさんのおかげでA4弄りも思わぬ盛り上がりをみせてきたので、ココはひとつ勝手にコラボレーション企画発動!
んでワタシも「Saya1.10」ベースのアドオンキャラクタを勢いで作ってみました。(ワタシはkurohaneさんみたくセンスが無いので1タイプのみですが・・・)
ベースの「Saya1.10」のイメージを出来るだけ崩さずにMTの微調整のみでバランス取りに終始(自分で好き勝手に弄るのとは違って妙なプレッシャーがありますなぁ) 名前は後でkurohaneさんに決めて頂こうかと思い、あえて付けていません。一応ウチでは「Saya」の姉妹という設定で開発時のコードネームを「Sayaka」と呼んでいました(笑) 自分ではそれなりに「Saya1.10」の面影を残しながら少し優しい感じを出せていると思いますがどうでしょう。「Saya1.10」はパブリックリリースされていますので、このアドオンもそれに合わせてダウンロード可能にします。ご希望の方はプロモ画像の下のリンクをクリックして下さいませ。

Sayaアドオン
Saya1.10 AddOn ダウンロード(REMファイル修正版)

実は作業中に面白い事に気付きました。それは「お互いが他人のキャラを弄るとマイキャラに似てくる」という事実(笑)
kurohaneさんが「瑠香」を弄ると「Saya」に似てクールビューティーに、ワタシが「Saya」を弄ると「瑠香」に似てほのぼの系になる気がします。
恐らく弄るためのアプローチと好みが違うからだと思うのですが、お互いにポイントとしている部分が異なっているため一人だけの作業では決して見られない現象が起こります。このような新たな発見があるのもコラボ企画の面白さであり、ユーザーが各キャラクタを比較して使い分けてみるのも面白いのではないでしょうか。
今回はkurohaneさんには大変お世話になりました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。
  1. 2008/03/16(日) 04:07:43|
  2. POSER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

V4/A4いじり・弐

残念ながら好奇心旺盛な猛者からの連絡は今のところ無し・・・(=;ェ;=) シクシク・・・
ウチのブログって見てる人少ないんだろうなぁ・・・なので自力でびみょーに変更継続中。
前回からほとんど変わりませんが、MT関連のわずかな調整と肌テクスチャの変更がメインです。
肌テクスチャをリアル色を減らした軽めのものに変更したのですがなぜか少し大人っぽく見えるのは気のせいではないようです(髪型のせいかもしれませんが)。
今回は瞳をブラウン系にして拘っています。実はブラウン系が決まるキャラってあんまり居ないんですよね。外人サンに多いブルー系でキャラを作製される方は多いと思いますが、ブルー系で煮詰めていくとブラウン系に変更した際、実はあまりしっくりこない事が多いように感じます。今回は外人サンに受けるブルー系の瞳では一切テストせず、少しエキセントリックな顔立ちの日本のぷにぷに少女を表現するのが目標ですね。基本的なルックスは気に入っているのでこのまま微調整に留めてイキたいと思います。POSERフィギュアはツンとしたクールな印象がデフォだと感じてる方が多いと思いますが、個人的にはやっぱり優しい感じが前面に出てるのが好きですね。少しは優しい感じに見えますかね? あまりいじくり回すとロクな結果にならない事はイヤというほど経験済みなので、現状にて一旦終わらせようと思っています。今後は気が向いた時に少しづつ弄っていく事になります。

その弐

さて最後の難問は名前をどうするか・・・これまで自分がリリースしてきた和名「梨朋、鈴音、沙梨菜」のように少しヒネリの効いた印象に残る名前にしたいと考えています。候補は幾つかあってどれにしようか悩み中だったのですが、その中から「瑠香(るか)-Ruka-」に決定。「瑠」の文字がちょいとお隣の国っぽいですが響きと語呂が可愛いのでこれで行こうか、と。髪型と衣装のせいだと思いますが、名前とは裏腹にプロモ画像はずいぶん大人っぽく見えますねぇ(苦笑)

瑠香1
瑠香2

配布に関してはこれまでのようなパブリックなリリースはしない予定。最近ふと思うのですが、POSERキャラってそれこそ有償、無償問わず星の数ほど存在しますし、例えDLしてもインストールさえしてもらえない場合が多々有るわけで・・・あえて公にリリースする必要は無いのかな?という気がします。
ですがほんの少しでも興味を持って頂いた方には、お渡ししたいと考えていますのでご希望の方はメールにてご連絡をお願いします♪
すぐに返信するようにしていますが、もし2~3日経ってもこちらからのメールが届かないようであれば、お手数ですが再送して頂くようお願い致します。
  1. 2008/03/08(土) 21:10:21|
  2. POSER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19

V4/A4いじり・壱

つい先日、DAZからVictoria4.2、Aiko4.0が立て続けにリリースされましたね。もう既に入手された方がほとんどだと思いますが、弄られた感想は如何でしょうか?
ここ数年あまりに多く増えすぎたベースフィギュアの整合性を取る為にDAZは各フィギュアのユニメッシュ化を推進してきましたが、ついにAiko4に至ってはV4ベースのMTキャラという位置づけとなってしまいました。アイコ派のワタシとしては悲しい限りです、あぁ(泣)
INJファイル方式に回帰した事により、また再びPoseファイルの膨大な数がランタイムライブラリをカオスな状態にしてくれます。ベテランユーザーでも戸惑う仕様ではもう初心者が気軽に使えるフィギュアではなくなった感がありますね。アイコのボディ全体のフォルムはA3を踏襲していますので安心ですが、相変わらず腕が長いですね・・・バージョンアップの際に変更を切に願っていただけにガックリです。

とにかく何があっても、どんな事をしてもデフォのエイリアン顔を何とかするのがアイコ使いの第一歩にして最終到達点であると言えましょう(笑)
(それにしてもデフォ状態でリアル系テクスチャを貼ってあるとちょー不気味ですな・・・)

その壱

んで、前回まで弄ってたV4の顔を流用して細部を微調整したのが今回までの状態です。目指すは若いお嬢サン特有の「ぷにぷに感」をどうにか出したいデス(笑) 多少それっぽく見えるかな? 早い段階から意外に見られる顔になったのは少しだけ嬉しい誤算でしたが・・・現時点ではV4弄りの時と同じくリアル系肌テクスチャを貼っていて、リアル方面でも対応可能なルックスにしてありますが、最終的に煮詰まれば肌をトゥーン系の軽いものに変更予定。これからの煮詰め作業がどうしても自分の好みに偏りがちでもう少し客観性を与えてあげたいのだが・・・どなたかモデラーで弄って微調整してくださる好奇心旺盛な猛者はいらっしゃらないだろうか(笑)
もし奇特な方がいらっしゃいましたら是非ご連絡をお願いします♪
  1. 2008/03/01(土) 18:21:17|
  2. POSER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

VOLT

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。